宇野常寛氏が怒ったキングコング・梶原の行動 多くの人は「他人イジリ」に否定的 - しらべぇ
宇野常寛氏が激怒の「イジリ芸」。イジってくる人はやっぱり評判が悪い?
(出典:しらべぇ)


宇野 (うの つねひろ、1978年11月17日 - )は、日本の評論家。批評誌『PLANETS』編集長。株式会社PLANETS代表取締役。 青森県生まれ。自衛官だった父の転勤に伴い、幼少期から少年期を長崎県、千葉県、北海道へ転居を繰り返しながら過ごす。 函館ラ・サール高等学校を卒業後、二年間の浪人生活を経て立命館大学文学部へ進学。
21キロバイト (2,599 語) - 2019年2月7日 (木) 18:43



(出典 thursday.jp)


これ、完璧に主催者側のミスだわwwwww

1 ひかり ★ :2019/02/09(土) 20:57:25.55 ID:uga6XRW/9.net

 評論家の宇野常寛氏(40)が、YouTuberの“カジサック”ことお笑いコンビ・キングコングの梶原雄太(38)から「失礼な絡み」を受けたと「告発」し、
波紋を広げている件で、騒動のきっかけとなったイベントを主催した『ホリエモン万博』の実行委員会が8日、経緯を説明するとともに、宇野氏や梶原をはじめとしたゲストや
関係者へ「不快な思いをさせてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 事の発端となったは、2日のイベント『ホリエモン万博』での「チャンバラ合戦大運動会」中の一幕。2チームにわかれ、参加者に囲まれた宇野氏と梶原が当初は、
軽妙なやり取りをしていたが、途中、梶原の絡みやイジりに立腹した宇野氏は退席。その後、宇野氏はツイッターで「失礼な絡み」などと投稿し、梶原への怒りを
爆発させた。

 8日に更新された「ホリエモン祭」ツイッターでは、書面を掲載。「この度、一般社団法人ホリエモン祭実行委員会が企画したホリエモン万博内のコンテンツ
『チャンバラ大運動会』にて、ゲストとしてお招きした皆様、ならびに関係各位に不快な思いをさせてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪し、
同件について「大運動会の当日だけではなく、オファーの段階から当方の失礼が多数あったと考えております」と説明。

 経緯については「当初、当方から行いました宇野様への口頭によるオファーが『トークショー』であったのにも関わらず、十分な説明もない状態のまま『運動会』という
全く毛色の異なるコンテンツのオファーに変更した」とし、企画やゲスト変更などが、十分に行われないまま、本番を迎えたことを明かした。

 中でも、ゲスト変更については「すでにオファーをお受けいただいている宇野様、箕輪様への事前照会なく、カジサック様への出演オファーを行い、
カジサック様からのご了承を得た後に、宇野様、箕輪様へのゲスト追加の報告を行ってしまったこと。また、その報告が本番直前となってしまいました」と伝えた。

 続けて、オファーの段階で「全てのゲスト様に対し、詳細なイベント趣旨、ならびに出演の意図を伝えないままの状態で本番当日を迎えることとなり、
それによってゲスト様への配慮がいき届かない演出となってしまった」とし「イベント当日のカジサック様の言動は、上記のような状況から生じたもので、
結果として、宇野様への配慮が行き届かない演出となってしまった」と報告した。

 最後は「宇野常寛様、カジサック様、箕輪厚介様、株式会社PLANETS様、PLANETS CLUB様、箕輪編集室様の皆様、株式会社よしもとクリエイティブ・
エージェンシー様へ心より謝罪申し上げます」と詫び、会場へ訪れたゲストに向けても「貴重なお時間を台無しにしてしまったこと、深く謝罪申し上げます」と記した。

オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000347-oric-ent


【【※驚愕※】梶原雄太“イジり騒動”で主催者側が経緯説明 宇野常寛氏ら関係者へ謝罪】の続きを読む