小泉今日子 早々に復帰した理由|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース
カウンターに座った2人は、リラックスした雰囲気で店主との会話を楽しんでいました。小泉さんがずっと豊原さんを立てている様子が印象的でした」(居合わせた客)小泉 ...
(出典:BIGLOBEニュース)


豊原 功補(とよはら こうすけ、1965年9月25日 - )は、日本の俳優・歌手である。Headrock Inc.所属。東京都新宿区出身。身長179cm、血液型はA型。 明治大学付属中野高等学校(定時制)卒業。 阪本順治監督の『亡国のイージス』や『カメレオン』などに出演。2007年、『受験のシンデ
22キロバイト (2,832 語) - 2018年12月22日 (土) 16:57



(出典 matomake.com)


豊原功補は離婚する気ないのに、なんで小泉今日子がそこまで頑張るのか意味わからん⁉️

1 膳摩漏 ★ :2019/01/16(水) 15:41:38.71 ID:aVgqaxyM9.net


(出典 taishu.jp)

https://taishu.jp/articles/-/62921?page=1

宮藤官九郎脚本による東京オリンピックをテーマとしたNHK大河ドラマ『いだてん?東京オリムピック噺?』が1月6日にスタートした。

 2013年に宮藤が脚本を務めたNHK朝ドラ『あまちゃん』の出演者が勢ぞろいした本作。『あまちゃん』で主人公の母親を演じた小泉今日子(52)は『いだてん』にも出演。ビートたけし(71)演じる古今亭志ん生の長女兼敏腕マネージャー役として、第1話から登場した。

 小泉今日子といえば、昨年2月に俳優の豊原功補(53)と不倫交際していることを公表。同年6月には女優業を休業して裏方に専念するとしていたが、『いだてん』への出演は女優休業宣言の前から決まっていたという。

 1月5日発売の『女性自身』(光文社)では、来年の2020年にも小泉が本格復帰すると報じている。

「というのも不倫公表以降、豊原の出演依頼は激減しているようなんです。現在は豊原は、妻が離婚に同意しておらず、離婚ができない状況。生活費や子どもの養育費は払いつづけているそうですが、『女性自身』では仕事が減った豊原に代わって収入を得るために小泉が早期の復帰を果たすと報じています」(芸能記者)

 さすが“芸能界の姉御”キョンキョン! と思わせる話。豊原は不倫相手なので夫ではないのだが、芸能人カップルでは彼に負けない“ヒモ夫”がまだまだいる。

 仕事が減った豊原と同様、いや、それ以上に妻におんぶにだっこの“ヒモ夫”としてたびたび話題になるのが俳優の水嶋ヒロ(34)。水嶋は歌手の絢香(31)と結婚して1年後の2010年に、“執筆業に専念する”として所属事務所を退社。その後、『KAGEROU』(ポプラ社)で小説家デビューを果たしたが、2作目以降の発表はない。

「2014年に映画『黒執事』に出演して以降、目立った芸能活動はしておらず、インスタなどでイクメンとしての顔しか見せず、“絢香のヒモ”と揶揄されるまでになっていました。でも、実は会社を2社立ち上げていたり、ライフスタイル系のアプリやサービスなどを手がける企業で役職に就いていたりと、実業家への道を歩んでいますから、収入はかなりあるようです。ただメディアでの露出は少ないので、どうしても“ヒモ夫”のイメージが強く残ってしまっているんですよね」(前出の芸能記者)


【【※暴露※】豊原功補だけじゃない「芸能人ヒモ夫四天王」】の続きを読む