京本政樹&梅沢富美男、映画宣伝そっちのけで「必殺仕事人」トーク - 映画.com
映画.com ニュース] アカデミー賞俳優のデンゼル・ワシントンが主演を務めた人気アクションシリーズ第2弾「イコライザー2」の特別試写会が9月19日、東京・丸の内 ...
(出典:映画.com)


京本 政樹(きょうもと まさき、1959年1月21日 - )は、日本の俳優、タレント、歌手、ギタリスト。Ryus-up(リューズ・アップ)所属。血液型B型。身長178cm、体重61kg。 出生地は大阪府吹田市。小学生から中学2年生までは茨木市に転居し、中学2年生より高校卒業まで高槻市で過ごす。高槻
53キロバイト (6,838 語) - 2018年12月28日 (金) 11:12



(出典 news.mynavi.jp)


いつもメイクは完璧?

1 muffin ★ :2019/01/14(月) 18:46:36.42 ID:ev/j+EFS9.net

https://www.jprime.jp/articles/-/14216
2019/1/14

「“いったん、ひと区切り”という印象を受ける“還暦”という言葉に抵抗があったんです。それで、去年の頭に“完暦を目指して”と表現したら、悲しまれるファンの方がいらっしゃって。(芸能生活を)完成させる、終わらせる暦だと思われたみたいです。違うんですよ、人生を完全な歴史にするための通過点のひとつと考えて“完暦”なんです」

1月21日に60歳を迎える亥年生まれの年男であり、今年が芸能生活40周年という節目にもなる京本政樹。『必殺仕事人V』の組紐屋の竜を代表とする、おなじみの時代劇はもちろん、『高校教師』『家なき子』などの大ヒットドラマや“京さま”と親しまれるバラエティー番組に出演。さらに、シンガー・ソングライターであり着物デザイナーと幅広いフィールドで活躍している。何より驚くのは“元祖ビジュアル系”といわれる変わらない外見。

「この30年ほど、生活が全然変わっていないんです。28歳くらいのころかな、スキューバダイビングにハマってね。朝からTボーンステーキを食べて、気にせずに日焼けもした。そうしたら、ファンの方からの手紙に“最近、顔が丸くなってきた”って書いてあって。僕、身長が178センチで体重62キロがベターなんですけど、そのとき65・5キロに。日焼けをしすぎたせいで、時代劇の舞台のメイクもうまくのらない。そんな経験から生活を1日1食にして、日に焼けることもいっさいやめました。暴飲暴食もしないし、アルコールもほとんどなくて平気。あとは、お風呂に入ったみたいで気持ちいいから、よく蒸しタオルでゴシゴシ顔をふくんです。そのあと、氷水でしぼったタオルでしめる。それがいいのかもしれない」

変わらぬ体形とシワのない美貌の秘訣を教えてくれた。反面、その容姿ゆえに悩んだことも。

「最初の打ち合わせで“そのままで”と言われても、衣装を着たときに“白髪のウイッグをかぶってください。次は、メガネを。それでも若く見えるからシワ書きますね”と。それは、京本政樹という役者、自分自身を否定されている感じがして」

目指しているのは、現代劇よりも時代劇。自身を導いてくれた諸先輩が演じていた娯楽時代劇全盛のころの美剣士なのかもしれない。そう思い始めたころから変わらぬビジュアルを生*オファーが届くようになった。

「1~2年前は、もう役者としての自分を追求することはやめて、音楽や時代劇をプロデュースする側に専念しようかとも考えていました。それが60歳を目前に映画『翔んで埼玉』(2月22日公開)で伝説の人物・デュークを演じてほしいというお話をいただいたんです。より人物像が出せるのではと、銀髪のロングのかつらをかぶることを提案させていただいたりして。このデュークから始まり、詳しい内容はまだお話しできないんですが、かなりハードなアクション作品も撮影しました。時代って、本当に回るんですね。

 これまで時代劇で培ってきたものをどう生かし残せるか、継承していけるか、それができる年になったと思っています。師匠である大川橋蔵さんが、当時の若い僕を見ていたときの目線がすごくよくわかる。“こいつ頑張ってるな”みたいな。生意気な言い方ですけど、そういう若手を導いてあげたい。だから、いま、相当、若い人にごはんをおごってますよ(笑)」


(出典 jprime.ismcdn.jp)


(出典 jprime.ismcdn.jp)


【【※激白※】京本政樹、60歳になっても変わらぬ美貌の秘訣と、変わらないからこその悩み「自分自身を否定されている感じがして」】の続きを読む