2度の子宮がん経験、原千晶さんが語る 「早期発見を」 - 朝日新聞
静岡県対がん協会による「がん征圧大会」が22日、静岡市葵区で開かれた。患者や家族ら400人が参加。女性のがん検診の普及などを訴えた。 講演では2度の子宮がんを ...
(出典:朝日新聞)


千晶(はら ちあき、1974年4月27日 - )は、日本の女優、タレント、アロマインストラクター。北海道帯広市出身。川越市立高階西中学校・北豊島高等学校(東京都荒川区)全日制課程普通科(理系)卒業。ワタナベエンターテインメント所属。 1974年(昭和49年)、北海道帯広市に生まれる。その後は生命
13キロバイト (1,564 語) - 2018年11月8日 (木) 12:05



(出典 i.daily.jp)


叩かれる理由がわからんwwwww

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/07(月) 20:21:18.17 ID:obvERw5N9.net

女優の原千晶(44)が、知人の死去をブログで報告したことで批判的なコメントが寄せられたとし、
「気分を害された方がいらっしゃったなら心からごめんなさいと言わせてください」と謝罪した。

原は6日のブログで、新年のあいさつとともに「実は年末にとても悲しい出来事が起こりました。
主人の高校時代の親友が突然他界したのです」と報告。
「主人の友達なので私はそんなに深い付き合いではないのですが それでも私はその親友が大好きでした」と追悼し、悲しみをつづっていた。

このブログ記事がネットニュースとして報じられたことで、大きな反響があったという。
「やはり、こういう場所で(ブログなどで)身近な人の訃報を書くことへの抵抗、遺族の気持ちを考えていない などの意見が散見されました」と批判的なコメントもあったことを明かし、
「確かに、それも一つの意見だと受け止めました。気分を害された方がいらっしゃったなら心からごめんなさいと言わせてください」と反省をつづった。

原は2005年に子宮がんと診断され、10年に子宮全摘手術を受けた経験から、「命の大切さ、生きるということ、自分なりに一生懸命 お話しさせていただいている中で今回の出来事があり、
決して他人事ではないということを伝えたいという気持ちが一番でした」(原文まま)と知人の訃報を伝えた理由を説明し、
「なかなか全てがストレートには伝わらないのは常でありますが これからも、真摯(しんし)にさまざまなことを受け止め 前向きに活動していこうと思っております」とつづった。

http://news.livedoor.com/article/detail/15839151/
2019年1月7日 17時59分 日刊スポーツ


(出典 image.news.livedoor.com)


【【※悲報※】原千晶が謝罪、知人死去をブログで報告し批判相次ぐ】の続きを読む