エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    カテゴリ:アーティスト > 安室奈美恵


    安室奈美恵さん、SMAP…「平成」を象徴する有名人ランキング発表 - ニコニコニュース
    株式会社FJネクストが、「平成」の終わりにあたり、平成のおひとり様生活とはどのようなものであったのかを探るため、実際にひとり暮らしをしている平成生まれの1都3県( ...
    (出典:ニコニコニュース)


    安室 奈美恵(あむろ なみえ、1977年9月20日 - )は、日本の歌手、ダンサー。本名同じ。身長は158cm、血液型はO型。沖縄県那覇市出身。愛称は安室ちゃん・奈美恵ちゃん。引退前の所属事務所はstella 88。レコード会社はavex。レーベルはDimension Point。
    162キロバイト (11,019 語) - 2019年1月20日 (日) 21:42



    (出典 img.cinematoday.jp)


    もう一生分稼いだからじゃない?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/20(日) 22:03:59.11 ID:Tt7ABwNY9.net

    昨年9月16日に引退した歌手・安室奈美恵さん(41)のドキュメンタリー番組『NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント 第4回「安室奈美恵 最後の告白」』(総合 後9:00)が20日、放送された
    引退前に収録されたインタビューでは安室さんが、引退を決断した理由について語った。

    番組後半、引退を決める上で「最後に背中を押したものは何だったのか」と聞かれると「ファンの皆さんの中に、『いい状態の安室奈美恵』を思い出として残してほしいなって思って。
    一つのゴール地点はそこだったりしたので」と告白。また、「声帯も壊してしまっていた時期もあって、声帯も限界なのかな、声がでないのかなと」と、自身の喉の状態についても明かした。

    最後には「いろんなことがめまぐるしく流れていった時間を濃厚に過ごして、25年間を悔いなくやりきったというのはありますね。
    14歳でデビューした女の子が40歳まで音楽に携われるなんて本当に思ってなかったので、本当に奇跡だなって」とあらためて感謝を口にしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15900725/
    2019年1月20日 21時59分 オリコン


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【※激白※】安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかなと」】の続きを読む


    いまだ伝説の“序章”?安室奈美恵、オリコン年間ランキング総ナメの快挙! | - アサジョ
    今年の年間オリコンランキングが12月19日に発表され、「アーティストトータルセールス部門」で安室奈美恵が大賞を獲得。今年9月に惜しまれつつ引退した彼女だが、獲得 ...
    (出典:アサジョ)


    安室 奈美恵(あむろ なみえ、1977年9月20日 - )は、1992年から2018年まで活動していた日本の歌手、ダンサー。本名同じ。身長は158cm、血液型はO型。沖縄県那覇市出身。愛称は安室ちゃん・奈美恵ちゃん。引退前の所属事務所はstella 88。レコード会社はavex。レーベルはDimension
    160キロバイト (10,807 語) - 2018年12月23日 (日) 10:46



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    もう一生遊んで暮らせるくらい稼いだろうから、また本当に歌いたくならない限り復帰はないでしょ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/24(月) 23:23:13.10 ID:CAP_USER9.net

    9月に引退した安室奈美恵さんが、オリコン年間ランキングの「アーティスト別トータルセールス部門」で1位になったことが先ごろ発表された。

    「アーティスト別トータルセールス部門」は、音楽ソフト(シングル、アルバム、DVD、ブルーレイディスク)の総売り上げ金額を競う部門で、安室さんは96年以来2度目の1位となった。
    総売り上げ金額は190億円。190億円超えは、2012年の「AKB48」(191億円)以来となった。

    安室さんは引退前日の9月15日の沖縄の音楽イベントでラストステージを飾ったが、音漏れを聞こうと、会場に入れないファン1万人が集結。
    また、化粧品、アパレルなど限定コラボグッズは完売続出となった。

    また、引退当日、安室さんが花火イベントを鑑賞に訪れた際に着用していた浴衣の販売元には問い合わせが殺到。
    そのため、生産が追い付かない状態になってしまったという。

    さらに、日経トレンディ「2018年ヒット商品」ランキングで安室さんが1位に輝いた。同ランキングで人物名が1位を獲得するのは、1999年の宇多田ヒカル以来、19年ぶりとなった。

    しかし、引退後、安室さんに関する記事はまったくメディアに出ていない。

    「引退前、顧問弁護士が週刊誌などに、引退後の“取材規制”を依頼するなどしたことで絶大な効果があった。
    一時期、紅白へのサプライズ出演のうわさもあったが、NHKはもともとあきらめていたようで、交渉すらしなかったようだ」(芸能記者)

    そんな安室さんだが、果たして、このまま表舞台から消えたままの生活を送るのだろうか?
    「ある女性歌手をプロデュースするという話があるが、安室さん本人の気が向けばのようで、まだまだ先のことになりそうだ」(音楽業界関係者)

    しばらく悠々自適な生活を送ることになりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1623487/
    2018.12.24 12:20 リアルライブ


    【【※驚愕※】2018年たっぷり稼いだ安室奈美恵さん、気になる今後は】の続きを読む

    このページのトップヘ