エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    カテゴリ:タレント > 上沼恵美子


    上沼恵美子 ガリットチュウ福島を絶賛…「これからは人柄の良い方が」 - デイリースポーツ
    お笑いタレントのガリットチュウ福島が15日、カンテレ「快傑 えみちゃんねる」(後7・00)に出演し、MCの上沼恵美子から「めちゃくちゃいい方。だから見やすい」などと絶賛を ...
    (出典:デイリースポーツ)


    上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年4月13日 - )は、日本のローカルタレント、歌手、司会者、ラジオパーソナリティーである。本名同じ。旧姓、橋本(はしもと)。 兵庫県三原郡福良町(現:南あわじ市福良乙)出身。上沼事務所所属。帝国女子高等学校大和田校(現:大阪国際大和田高等学校)中退。
    26キロバイト (3,395 語) - 2019年2月5日 (火) 11:32



    (出典 geitopi.com)


    まあ、納得できる話wwww

    1 Egg ★ :2019/02/15(金) 22:05:02.42 ID:7UihB2XJ9.net

    上沼恵美子が15日、カンテレ「快傑 えみちゃんねる」(後7・00)にMCとして出演し、ゲストが話している時にまったく聞いていないタレントは必ず消えると断言した。
    収録では実名をあげ、オンエアでは「タレントK」と表示。出演者は「名前出ちゃった!」と驚いた。

    上沼は「一番嫌いなのがゲストがしゃべっている時に、ほかのゲストがつまらない顔をする。そいつらは絶対消えるわ!」と言い切った。
    芸能界から消えるゲストの特徴として上沼は「時計を見たり、『まだその話つづくの』みたいなことを言った子」とし、「必ず2カ月後にはいない!早いよ」と長い芸能生活から強調した。

    上沼はこの話題を続け、「4、5人いたな。ほとんど忘れてんねんけど」として実名をあげた。画面では「タレントK」と表示された。共演者が口を開けて目を開けて驚き、
    「名前出ちゃった」などの声が飛んだ。MCの大平サブローは「その辺で座って2人でしゃべってた」とひな壇の前方右側を指した。

    上沼は「だれやったかな。もう1人…」としてもまたも実名をあげた。「タレントN」と表示が入った。スタッフも同様に発言し、藤井隆は「スタッフが言うの?」と驚いた。
    上沼は「ビッグな人がしゃべってんねん。やかましいねん」と大物ゲストが話しているのにKとNが無視して自分達の会話を楽しんでいたと明かした。
    聞くともなく聞いていると「原宿のね、六本木のねスイーツおいしかったよ」などという内容だったという。

    Nのほうは、自分達が会話をしていることに気まずい思いをしたようで、「やめよう」というようなしぐさをKにしたという。しかし、Kはずっと話していたと上沼は振り返った。

    2/15(金) 20:23配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000131-dal-ent

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【※暴露※】<上沼恵美子>ゲストが話している時にまったく聞いていないタレントは必ず消えると断言!「K」はマナーが悪く2カ月で消えた】の続きを読む


    "えみちゃんねる"フジで放送|ニフティニュース - ニフティニュース
    上沼恵美子の冠番組『快傑えみちゃんねる』の再放送が2月7日よりフジテレビで始まった 「はじめて見るけど意外と面白かった」と関東の視聴者へも広く受け入れられたよう ...
    (出典:ニフティニュース)



    (出典 img.yaplog.jp)


    関西のおばちゃんパワーは関東では受け入れ難いもんあるかもねー?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/13(水) 10:34:22.20 ID:6Jy9auYJ9.net

    2月7日、フジテレビはこれまでドラマの再放送を行っていた枠を打ち切り、関西のバラエティ番組「怪傑えみちゃんねる」(カンテレ)をスタートさせた。
    しかし視聴者からは、この編成に批判が殺到しているという。

    「これまでフジの夕方といえばドラマの再放送が当たり前でしたが、さらなる視聴率獲得のため、2月から『えみちゃんねる』を毎日、放送する枠へと切り替えました。
    しかし同番組は、上沼恵美子やゲストの毒舌や愚痴がウリで、関西色が非常に強い番組です。
    そのため放送当日のネット掲示板では、『初めて見るけど下品な番組だね。引いてる』『バラエティやるにしても、なんで関西のローカル番組なんだよ。関東人にはキツイ』
    『ドラマ枠を返して!』と、書き込みのほとんどが編成に対する不満や怒りの声で埋め尽くされました」(テレビ誌記者)

    またフジはこの春から、夕方の報道番組も大改編。現在放送中の「プライムニュース イブニング」を終了させ、後番組に元同局アナウンサーの加藤綾子を起用すると発表した。

    しかしこの判断も裏目に出る可能性があるという。

    「フジは昨年から、もともとBSで放送されていた『プライムニュース』を地上波に持ってきて、キャスターも反町理をそのまま起用。
    しかし彼は主婦受けするルックスではなく、ハラスメント問題も一部で報道されたことで人気が低迷し、視聴率は夕方の報道番組の中で最下位に。
    そこで春からリニューアルとなったわけですが、新たに起用されるカトパンも決して主婦層から支持を得ているわけではない。
    そのため、フジの夕方の時間帯はさらなる壊滅状態となる危険性があるのです」(前出・テレビ誌記者)

    はたしてフジの期待通り、上沼とカトパンがフジの救世主となるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1690405/
    2019.02.13 10:14 アサジョ


    【【※騒然※】上沼恵美子「えみちゃんねる」東京進出も“下品すぎ!”の声が噴出】の続きを読む


    “西の女帝”上沼恵美子の出演番組を片っ端から見てみたら、やっぱり面白かった件 - ニフティニュース
    テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(12月9日~15日)見たテレビの気になる発言をピックアップします。 今年の『M-1グランプリ』の暴言動画をめぐる騒動。9日放送 ...
    (出典:ニフティニュース)


    上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年4月13日 - )は、日本のローカルタレント、歌手、司会者、ラジオパーソナリティである。本名同じ。旧姓、橋本(はしもと)。 兵庫県三原郡福良町(現:南あわじ市福良乙)出身。上沼事務所所属。帝国女子高等学校大和田校(現:大阪国際大和田高等学校)中退。
    26キロバイト (3,316 語) - 2018年12月12日 (水) 02:34



    (出典 happy-aya-show.org)


    さすがに、これはないと思う

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/12/18(火) 18:34:34.64 ID:CAP_USER9.net

     大みそかに超絶サプライズが炸裂か――。「第69回NHK紅白歌合戦」にサザンオールスターズが特別企画で出演することが先週発表された。すでに、北島三郎(82)も同企画で出演することが決まっており、“目玉なし”という最悪の事態は免れた格好だ。だが、長期的に下落傾向にある視聴率を考えると、心もとないのも確か。さらなる数字の“爆上げ”をもくろむため、同局関係者はサプライズを検討しているという。騒動の渦中にある上沼恵美子(63)の審査員起用だ。

     当初、目玉不在といわれた紅白だが、サザンが特別枠の最終歌唱者に内定し、紅白を卒業した北島も代表曲「まつり」を歌う。音楽関係者は「国民的バンドのサザンに加え、北島も『再び紅白の舞台で見たい』という声が多く、実現することになりました。いずれも平成を締めくくるのにふさわしいキャスティングと言えるでしょう」。

     だが決して順調だったわけではない。出場確実と見られていた韓国の男性グループ・BTS(防弾少年団)の出演が“原爆Tシャツ”問題が持ち上がって頓挫。大好評の朝ドラ「まんぷく」の主題歌を歌う「DREAMS COME TRUE」、今年最大のヒットシングル「Lemon」をリリースし、若者に絶大な人気の米津玄師の特別出演もなさそうだ。

     そんな状況下で“平成の怪物”を担ぎ出そうとしていたことも分かった。

    「スポーツ分野のゲスト審査員として、実は“平成の怪物”こと、中日ドラゴンズの松坂大輔投手に声をかけた。球史に名を残す大投手であり、ケガによる長い苦節を経て、今年また復活したストーリーは番組の趣旨にも合致する。でも、年末年始を家族と過ごしたいとの理由で辞退した」(NHK関係者)

     すったもんだの末、サザンと北島が決まったのだから、格好はついた。だが、まだ安心はできない。何といっても裏番組が強力だからだ。

     同関係者は「日本テレビの人気シリーズ『絶対に笑ってはいけない トレジャーハンター24時!』には一定の視聴者がいるし、フジテレビはプロボクシング元5階級王者メイウェザーと那須川天心が対戦する『RIZIN』が絶対数字を稼いでくる。このままではどこまで視聴率が伸びるか…」と不安を隠せない。
     何とか数字を爆上げできないものか――。そこで浮上しているのが、なんと上沼のゲスト審査員だという。上沼といえば、「M―1グランプリ2018」でも審査員を務めたが、「とろサーモン」の久保田かずのぶと「スーパーマラドーナ」の武智正剛が“暴言”を吐いた動画を流し、話題となったばかりだが…。

    「上沼さん自身は、2人に対し『興味ない』と、不問とする意向を示したことで、それほどマイナスのイメージはない。むしろ騒ぎ立てなかったことで、人気が上がった気さえする。M―1の審査も『公平だった』という声も多いし、紅白の審査員も務めたら、話題性は十分」(同)

     実は紅白とも縁が深く、1994~95年の2年間、紅組の司会を務めた。視聴率は94年の1部(午後8時~9時25分)が40・1%、2部(9時30分~11時45分)が51・5%。続く95年が1部が44・9%、2部が50・4%だった。昨年の紅白は、前半(7時15分~8時55分)が35・8%、後半(9時~11時45分)が39・4%だったから、時代が違うとはいえ、上沼が司会を務めた2年間の方が、はるかに高い視聴率を記録した。

     また今月11日、NHKで放送された「第18回 わが心の大阪メロディー」に出演した上沼はオープニングに登場。漫才コンビ「海原千里・万里」時代の76年に出したヒット曲「大阪ラプソディー」を熱唱して、大歓声を浴びた。

    「上沼さんはトークはもちろんだけど、歌唱力も抜群。審査員だけでなく『大阪ラプソディー』も歌ってくれたら、盛り上がるのは間違いない」(芸能プロ関係者)

     サザン、北島のみならず、上沼も出演すれば、「今年は目玉なし」などと、二度と言われなくなるのは間違いない!?

    (視聴率は関東地区。ビデオリサーチ調べ)


    2018年12月18日 16時30分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1223929/


    【【※驚愕※】紅白審査員に上沼恵美子?NHKが超絶サプライズを検討】の続きを読む


    上沼恵美子、終結宣言!?暴言騒動「済んだ話」…M1審査員はオファー来たら検討
    タレント、上沼恵美子(63)が10日、大阪市福島区のABCラジオで「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜正午)に生出演した。「M-1グランプリ」の審査につ…
    (出典:エンタメ総合(サンケイスポーツ))


    「M-1グランプリ2018」の審査員を務めた上沼恵美子(63)に対し、放送後にとろサーモン久保田かずのぶとスーパーマラドーナ武智正剛がSNSで暴言を吐いたことについて、久保田と武智が所属する吉本興業が上沼側に、2人による直接謝罪を申し入れたが上沼側が丁重に断ったことが10日、分かった。   
    上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年4月13日 - )は、日本のローカルタレント、歌手、司会者、ラジオパーソナリティである。本名同じ。旧姓、橋本(はしもと)。 兵庫県三原郡福良町(現:南あわじ市福良乙)出身。上沼事務所所属。帝国女子高等学校大和田校(現:大阪国際大和田高等学校)中退。
    26キロバイト (3,316 語) - 2018年12月10日 (月) 03:27



    (出典 i.daily.jp)


    結局は周りが大騒ぎしてただけ⁉️
    格の違いを見せつけられたかん

    1 o(^・-・^)o ★ :2018/12/11(火) 04:13:05.58 ID:CAP_USER9.net

    上沼恵美子 更年期発言は「無礼」直撃に答えた暴言騒動の本音

    12月2日に放送された『M‐1グランプリ2018』(テレビ朝日系)で審査員を務めた上沼恵美子(63)。
    率直な講評で会場を沸かせていた上沼だが、それに不満を抱いたとろサーモンの久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナの武智正剛(40)が打ち上げの様子をSNSで中継し猛批判。
    「右のおばはん更年期障害かと思いますよね」など女性蔑視ともとれる発言も飛び出し、一大騒動に。さらに、上沼は自身のラジオ番組で「こんな年寄りが座って、偉そうにしてる場合じゃない」と審査員の引退を示唆。一部報道では上沼が2人に対して激怒しているとも報じられていた。

    果たして、“西の女帝”は今何を思うのか――。真相を確かめるべく本誌は、大阪にある上沼の自宅へと向かった。12月5日の夕方、買い物から戻ってきた上沼。本誌記者が直撃したところ、彼女はゆっくりと重い口を開いた。

    ――久保田さんと武智さんの発言についてどう思われますか?

    「なんか言ってたそうですね。でも全然詳しく知らないんです」

    ――動画については?

    「見てないんです。ごめんなさいね。パソコンには疎いもんで……」

    ――2人が直接上沼さんに謝罪をしたいと言っている話もあるようなんですが。

    「いいって。そんなことする必要ないです」

    そう語る上沼の口ぶりは意外にも穏やか。さらに、驚きの一言が飛び出した。

    「私思うんです。お酒を飲んでくだをまくことなんてのはよくあること。だからね、天下取ったらいいんですよ。彼らがダウンタウンのようになったら何言おうが失言になりませんからね。頑張って、日本一の漫才師になってほしいと思います」

    上沼が口にしたのは怒りではなく、2人への激励だったのだ。そして自らの、“引退宣言”についても真相を語り始めた。

    ――今回の騒動が原因で審査員を引退されるんですか?

    「それは違います。私ももう年寄り。だから審査するよりは、出場者として出たいと冗談で言っただけです(笑)」

    ――では、来年の続投も期待していいのでしょうか?

    「それは、来年にならないとわかりません。ただ、毎年松本人志さん(55)が強く誘ってくださるんです。なので毎年お受けしています」

    続けて、一部で『好き嫌いで決めているのでは?』と批判を受けていた自身の審査についてもこう語り始める。

    「実は、(好き嫌いで審査していると)受け取られた部分については失言かなと反省しているんです。特にミキに『決勝に残ってほしい!』と言ってしまったのは、私情が絡んでいました。そこは反省しています。でもね、漫才はちゃんと審査したつもりです。得点に好きとか嫌いとかは、いっさい入れておりません! 私は漫才だけを見てちゃんと審査した自信があります。だって皆さん頑張っているんですもの。人生がこれで変わるわけですから」

    そんな上沼だが、次の質問には思わず表情を曇らせた。

    ――武智さんが上沼さんのことを「更年期障害」と批判していたのですが……

    「そうなんや……それは無礼やな! 更年期障害というのは40代でやってきます。私はもう63歳なので、ないです。更年期障害なら、(あれだけ大変な)審査員は務まりません!」

    直撃のなかで、唯一顔をしかめて怒りを見せた上沼。それには“ある理由”があった。

    「上沼さんは今年3月、自身の番組で“夫源病”と診断されたことを告白しています。夫の存在がストレスになり、妻の心身に不調が現れるという状態のこと。更年期障害の中年女性が不調になる原因の1つにも、夫の存在があるといわれています。上沼さんもご主人の定年とお母さまの死が重なった3年ほど前から、不調を訴えはじめていました。フラフラすることも多く、周囲にも『しんどい……』と語っていたそうです。そうした経験をした彼女だからこそ“更年期おばはん”発言はさすがに見過ごせなかったのでしょう」(上沼の知人)

    それでも最終的には、後輩の失言にも“許し”を与えた上沼。この流れなら、自身の冠番組である『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)に2人が出演する日も近いのでは? 記者がそう聞いてみると、

    「いや~、その気はまったくないです(笑)」

    そう言って記者を笑わせた上沼。“西の女帝”の素顔はどこまでも悠然としたものだった――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00010000-jisin-ent

    前スレ
    【芸能】上沼恵美子「彼らがダウンタウンのように天下とったら何言おうが失言にならない。頑張ってほしいと思います。」 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544461958/


    【【※叱咤※】上沼恵美子「彼らがダウンタウンのように天下とったら何言おうが失言にならない。頑張ってほしいと思います。」】の続きを読む


    マツコ・デラックス、上沼恵美子は「間違っていない」M―1暴言問題 マツコ・デラックス、上沼恵美子は「間違っていない」M―1暴言問題
    …)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が審査員を務めたタレント・上沼恵美子(63)へ暴言を吐いた問題について言及した。 マツコは審査員が得点を判…
    (出典:エンタメ総合(スポーツ報知))


    上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年4月13日 - )は、日本のローカルタレント、歌手、司会者、ラジオパーソナリティである。本名同じ。旧姓、橋本(はしもと)。 兵庫県三原郡福良町(現:南あわじ市福良乙)出身。上沼事務所所属。帝国女子高等学校大和田校(現:大阪国際大和田高等学校)中退。
    26キロバイト (3,316 語) - 2018年12月10日 (月) 03:27



    (出典 img.jisin.jp)


    上沼恵美子にとっては、本当に取るに足らん事なのかも❓周りが大騒ぎするほどの事じゃないっ

    1 muffin ★ :2018/12/10(月) 17:34:15.56 ID:CAP_USER9.net

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/12/10/0011892637.shtml
    2018.12.10

     「M-1グランプリ2018」の審査員を務めた上沼恵美子(63)に対し、放送後にとろサーモン久保田かずのぶとスーパーマラドーナ武智正剛がSNSで暴言を吐いたことについて、久保田と武智が所属する吉本興業が上沼側に、2人による直接謝罪を申し入れたが上沼側が丁重に断ったことが10日、分かった。

     M-1が開催されたのが2日。吉本は3日に会社として上沼側に謝罪した。さらに吉本は久保田と武智を直接、上沼に謝罪させてほしいと申し入れたが、上沼側は「そんなことまでして頂かなくてけっこうです」と丁重に断った。

     関係者によると、今回の騒動について上沼は周囲に「まったく何とも思ってない」と話しているという。

    ★1が立った日時:2018/12/10(月) 15:32:17.01
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544428668/


    【【※朗報※】上沼恵美子、久保田と武智2人による直接謝罪を丁重に断る】の続きを読む

    このページのトップヘ