NHK魚住アナ、母・浅野温子のモノマネ披露もツッコミ「どこに遺伝が」
NHK魚住アナ、母・浅野温子のモノマネ披露もツッコミ「どこに遺伝が」  マイナビニュース
(出典:マイナビニュース)



(出典 blogimg.goo.ne.jp)


浅野温子に子供がいたなんて、びっくり!!
しかも全然似てない!!
言われなければ絶対にわからんレベル

1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/25(日) 01:49:08.06 ID:CAP_USER9.net


(出典 image.news.livedoor.com)


やっぱり母親似?(『あさイチ』11月15日放送より) 

11月15日のNHK『あさイチ』で、朝のお茶の間に衝撃が走った。
番組リポーターの魚住優アナウンサー(34)の母親が、女優の浅野温子(57)だと明かされたのだ。

「90年代のファッションを紹介する魚住と博多大吉(47)のやり取り中、大吉が『言っていいんでしょう』と確認したうえで浅野の名を明かした。
魚住はワンレングスの髪をかき上げる母親のマネまでするサービス。
一部では報じられていたことだが、こんな形で本人が言及するとは……」(放送記者)

魚住アナは慶大卒業後、スポーツ紙に就職するも1年足らずで退職。
中途採用で08年にNHKに入局したという変わり種。
岡山、盛岡放送局を経て2年前に東京に異動。昨年9月に結婚したという。

「爽やかな好青年風の、正統派NHKアナ。人当たりが良く局内でも好感度は高い。
フリーに転身した堀尾正明(63)に風貌が似ており、バラエティー系もこなせる“第2の堀尾”と期待されています」(NHK関係者)

80年代後半、浅野ゆう子(58)とともに“W浅野”としてトレンディードラマの象徴だった母・温子だが、私生活を公にしない主義だった。一人息子の存在もしかり。

なぜ今になって“カミングアウト”したのか?

「浅野はブレイク前の22歳のとき、コピーライターの魚住勉(71)と電撃結婚。交際経緯は未だにわかっていない」(元女性誌記者)

91年『101回目のプロポーズ』(フジ系)の最終回視聴率は36%を超え、「あぶない刑事」シリーズ(日テレ系)などでも活躍。
現在は、以前ほどはテレビで目にしないが、マイペースで活動中だ。

「15年ほど前から、民話を読み語りする一人舞台で全国を回っています。私生活に言及する機会はさらに遠のいた。
NHKも“芸能人の子息”を売りにしないし、マスコミもいつしか息子の存在を忘れていた」(同前)

それが今になって息子が“カミングアウト”。唐突にも思えるが……。

「有働由美子(49)の降板後、伸び悩む『あさイチ』の打開策として、主婦層にインパクトのある浅野の名を、息子了承のもと公にしたとの見方がもっぱら。
母子共演も、NHKならまんざら不可能ではないでしょう」(前出・放送記者)

揃って“ワンレンかき上げ”を披露するときが来るかも。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年11月29日号)

http://news.livedoor.com/article/detail/15643312/
2018年11月24日 19時0分 文春オンライン


(出典 geitopi.com)


(出典 livedoor.blogimg.jp)


【【※衝撃※】魚住アナ母は浅野温子!“カミングアウト”した理由】の続きを読む