箸も口に持っていけず… 松坂大輔がどん底だったころの苦悩を初告白
箸も口に持っていけず… 松坂大輔がどん底だったころの苦悩を初告白  livedoor
(出典:livedoor)


松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 青森県青森市生まれ、東京都江東区育ち。父は北海道稚内市出身で、母は青森県東津軽郡蟹田町(現在の外ヶ浜町)出身。弟・松坂恭平は愛媛マンダリン
120キロバイト (14,772 語) - 2018年11月19日 (月) 13:36



(出典 up.gc-img.net)


松坂ってそんなに絶不調だったんだ~
逆にびっくり!!

1 ひかり ★ :2018/11/19(月) 22:47:28.04 ID:CAP_USER9.net

 中日の松坂大輔投手(38)が19日放送のテレビ朝日「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」(月曜後8・20)に出演。
復活までの道のりや、どん底だったときの苦悩をテレビ初告白した。

 松坂は昨季まで所属したソフトバンクでは右肩の不調で3年間でわずか1試合の登板。中日に移籍した今季、4月30日のDeNA戦で日本球界
4241日ぶりの白星を挙げるなど11試合で6勝4敗、防御率3.74の成績を残した。多くのファンに勇気を与えた復活劇でセ・リーグの
カムバック賞に選ばれた。

 MCの中居正広(46)が「右肩はどれくらい痛かったの」と聞くと「ひどくなると右肩が上がらない。髪を洗うときも右手が上がらなくて…。
箸も口に持っていけないので、面倒くさいときは左手を使って食事してました」と答えた。

 右肩を治すために全国30カ所以上の病院を行脚。最後に訪ねた先生の施術を受けて「自分でも“あっ、(肩が)はまったな”と思った」と
手応えを感じたという。「いろんな病院を訪ねて、これまで治らなかった肩がハマった。最初からその病院に行ってたらよかったということではなく、
いろいろな病院で治療をしてもらい、徐々によくなっていて最後にハマったと思う」と語った。原因はなんだったのかと質問されると
「(右肩から右脇腹あたりを見せて)普通はしない箇所に肉離れをしていた。MRIとかどんな検査を受けても見つからなかった。運良くいい角度で
撮影できて故障箇所が見つかった」と明かした。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000149-spnannex-base


【【※悲報※】松坂大輔、復活までの苦悩告白 全国30カ所以上の病院行脚】の続きを読む