堺正章、GS時代をけん引した萩原健一と対談「丸みを帯びたニュー・ショーケンを見た」
堺正章、GS時代をけん引した萩原健一と対談「丸みを帯びたニュー・ショーケンを見た」  徳島新聞
(出典:徳島新聞)


正章(さかい まさあき、1946年6月6日 - )は、日本のコメディアン、歌手、俳優、司会者、ラジオパーソナリティ。本名、栗原 正章(くりはら まさあき)。愛称は「マチャアキ」「堺先生(しゃかい しぇんしぇい)」「巨匠」「Mr.かくし芸」。 エンターテイナー、タレント、歌手など様々な肩書きを持つ
36キロバイト (4,036 語) - 2018年11月1日 (木) 21:49



(出典 www.zakzak.co.jp)


あながち冗談とも思えんところが校長の凄さ!

1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/18(日) 20:30:48.57 ID:CAP_USER9.net

堺正章が、11月14日放送の『THEカラオケ★バトル』(テレビ東京系)で、カラオケの採点に挑戦した。

番組司会を務める堺がドラマ『時間ですよ』(TBS系)の劇中で歌っていた『街の灯り』を、スタジオで朗々と歌い上げた。

だが、採点は85.86点で全国平均の82.572点を上回ったものの、番組基準では「ただの歌好き」と診断された。

そこで大石絵理が「次回からは別のもっと歌の上手い方がコメントするというのはどうですか?」と提案。

すると堺は「司会チェンジ? 勘弁してよ」と苦い顔。柳原可奈子が「君がチェンジされるぞ」と大石にささやくと、堺は「僕は何人か芸能界から干したことがある」と強烈なツッコミを入れていた。

「ヒロミを干した」という都市伝説のある堺だが、その真相を両者が共演した2016年11月17日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で告白している。

もともと「おい、マチャアキ!」などと接してくるヒロミに対し、堺は「そういう後輩がいるってことは嫌なことじゃなかった。
楽しかったの」と振り返った。だが、いつの間にか「干した」という噂が堺本人の耳にも伝わったという。

「『僕じゃないよ』って言ってたんだけど、ふと考えたら、タレント一人の力で、タレントの職業生命を奪うことができるって、『俺、すごいんだな』って。しばらくは『ご想像にお任せします』って言うようにしていた(笑)」

堺の冗談が独り歩きして都市伝説になってしまったという。そもそも、ヒロミの師匠である星セントと堺が懇意だったことから、若手時代からヒロミは堺の家を訪れていたという。2人の付き合いは長いのだ。

大石は『陸海空 地球征服するなんて』(テレビ朝日系)レギュラーなど多方面に活躍中。大御所でも寛大な堺だけに、かえって気に入られることになるかもしれない。

http://news.livedoor.com/article/detail/15611069/
2018年11月17日 11時0分 Smart FLASH


【【※震撼※】堺正章「司会チェンジ」発言されて「何人か芸能界から干した」】の続きを読む