「実質ほぼマックスじゃないかな」 羽生結弦の一問一答
「実質ほぼマックスじゃないかな」 羽生結弦の一問一答  朝日新聞
(出典:朝日新聞)


羽生 (はにゅう ゆづる、1994年(平成6年)12月7日 - )は、宮城県仙台市泉区出身のフィギュアスケート選手(男子シングル)。 全日本空輸 (ANA) 所属。早稲田大学人間科学部(通信教育課程 eスクール)在学中。 主要な戦績として、2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック
224キロバイト (22,171 語) - 2018年11月16日 (金) 12:53



(出典 www.nippon.com)


確かに怪我の心配もあるけど、それでも4回転半ジャンプを見たいし、羽生君も飛びたいんだろねー
頑張って!

1 鉄チーズ烏 ★ :2018/11/14(水) 18:35:38.90 ID:CAP_USER9.net

 11月16日のGPシリーズ第5戦のロシア杯に参戦する世界王者の羽生結弦。2週間前のフィンランド大会では圧巻の演技で優勝を果たした。

「ショートプログラムで、今季世界最高得点となる106・69を獲得し、堂々の首位発進。翌日行われたフリーの演技では、後半に4回転ジャンプからのトリプルアクセルという連続ジャンプを世界で初めて成功させて、今シーズン世界最高得点の297・12で優勝しました」(スポーツ紙記者)

 ただ、ジャンプの着氷乱れやステップの取りこぼしなど、本人は満足のいく演技ではなかったようで“自分の灯火に薪が入れられた”と、闘志をたぎらせた。

「今シーズンからルールが改正されて、フリーの演技が30秒も短くなって4分間の勝負になりました。痛めていた足の不安もありましたが、本人は自分の演技に納得がいっていないようでしたね」(スケート連盟関係者)

 試合後、「勝たなきゃ自分じゃない」と、強めの口調で語った羽生。各シーズンで目標を掲げる彼は今回、前人未到の野望を抱いていた。

「羽生選手は“楽しくスケートがしたい”と語っていましたが、その言葉の真意は“子どものころの自分の夢を叶えたい”という、4回転半ジャンプへの挑戦を指したものでした。

 今季のプログラムは、少年時代から尊敬しているアメリカのジョニー・ウィアー選手とロシアのエフゲニー・プルシェンコ選手が、かつて使用した楽曲です。初心を大事にしようという意志が伝わってきます」(同・スケート連盟関係者)

 本拠地のカナダ・クリケットクラブでは4回転半ジャンプの練習を重ねている。

「現時点での手応えは5%。世界選手権までに20%になると語っています。しかし、コーチのブライアン・オーサー氏はこの目標達成には、あまり乗り気ではないんです」(前出・スポーツ紙記者)

 かつて『ミスター・トリプルアクセル』と呼ばれた名伯楽がこのチャレンジを渋るには、それ相応の理由がある。

「“彼ならもちろんできるだろうし、彼以外いないだろう”と展望を語るものの、“ケガはしてほしくない”というのが本音。ケガのリスクを負ってまで4回転半ジャンプに挑戦することをよしとしていないのです」(前出・スケート連盟関係者)

 オーサーにとっては、無理をせず勝ってくれることがいちばん。でもこれは羽生の卓越したスキルがあるからこそできることだと、スケート解説者の佐野稔氏は分析する。

「現段階で羽生選手は、ほかの選手のお手本ともいえるような完璧なジャンプを武器に持っています。ルール改正後は4回転の価値自体が下がるとはいえ、出来栄え点という付加価値がつくでしょう」

>>2以降に続きます

11/14(水) 5:00配信 週刊女性PRIME
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00013789-jprime-ent


【【フィギュアスケート】羽生結弦「4回転半ジャンプ」をめぐりオーサーコーチと衝突か】の続きを読む