エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    カテゴリ:女優 > 浅野温子


    浅野温子の代役に松下由樹との発表に「体型がかなり違う」身もフタもない声! - アサ芸プラス
    3月27日、女優の浅野温子が体調不良のため、4月20日から上演予定の舞台「銀河鉄道999 さよならメーテル~僕の永遠」を降板することが発表された。代役は松下由樹が ...
    (出典:アサ芸プラス)


    浅野 温子(あさの あつこ、1961年3月4日 - )は、日本の女優である。本名、魚住 温子(うおずみ あつこ)。旧姓、浅野。生島企画室所属。 東京都大田区蒲田の蕎麦屋の1男1女の長女として生まれた。大田区立大森第八中学校から東京都立城南高等学校、東京都立代々木高等学校を経て、東京都立上野高等学校卒業。
    31キロバイト (4,161 語) - 2019年3月28日 (木) 02:45



    (出典 image.jimcdn.com)


    ガンとかじゃなきゃいいけどwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/28(木) 19:36:42.45 ID:qTfAOVa19.net

    4月20日から東京・日本橋浜町の明治座で開幕する舞台「銀河鉄道999 さよならメーテル~僕の永遠」を体調不良のため、降板することになった女優、浅野温子(58)。
    浅野が演じる予定だったメーテルの母、プロメシュームの代役は松下由樹(50)が決定した。

    所属事務所がこの日、公式HPで「今月に入り本人が体調不良を訴え、都内病院で現在診療、検査を受けているところです」と説明。ドクターストップがかかるほど深刻な事態であることをうかがわせた。

    気になる病状だが、だるくて体に力が入らないなど倦怠感を感じるようになったため、病院で何度か検査を受けた結果、主治医から自宅静養を言い渡されたという。現時点で正式な病名は判明していない。

    プロメシュームの鬼気迫る雰囲気は浅野にピッタリだったのだが…。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16231041/
    2019年3月28日 17時8分 ZAKZAK(夕刊フジ)


    【【※衝撃※】浅野温子、ドクターストップで舞台降板 病状深刻か】の続きを読む


    母は浅野温子 NHK魚住アナ「あさイチ」登場で髪をかきあげ…華大に突っ込まれる
    母は浅野温子 NHK魚住アナ「あさイチ」登場で髪をかきあげ…華大に突っ込まれる  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)


    浅野 温子(あさの あつこ、1961年3月4日 - )は、日本の女優である。本名、魚住 温子(うおずみ あつこ)。旧姓、浅野。生島企画室所属。 東京都大田区蒲田の蕎麦屋のひとり娘として生まれた。大田区立大森第八中学校から東京都立城南高等学校、東京都立代々木高等学校を経て、東京都立上野高等学校卒業。
    27キロバイト (3,562 語) - 2018年9月3日 (月) 13:34



    (出典 myjitsu.jp)


    W浅野の時代だね‼️
    懐かしー

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/20(土) 11:32:48.33 ID:CAP_USER9.net

    その時代ごとに名作が生まれた刑事ドラマでは、常に女性刑事が物語の大事なカギを握ってきた。
    同僚刑事との恋愛や結婚の話が絡む関根恵子や長谷直美(いずれも『太陽にほえろ!』)のような“庶民派”、
    一瞬で場を明るくする浅野ゆう子(『太陽にほえろ!』)や関谷ますみ(『特捜最前線』)のような“マスコット派”、
    本格的な捜査をする藤田美保子(『Gメン’75』)や江波杏子(『非情のライセンス』)のような“ハードボイルド派”──。

    映画監督の樋口尚文氏によれば、1970年代の刑事ドラマにおける女性の役割は主に3つに分類できる。
    1980年代もその傾向が続く中、1982年の『女捜査官』(テレビ朝日系)はタイトル通り、女性が主人公となる。
    フリーピストルの五輪代表候補だった女性警官の樋口可南子と教官の樹木希林が刑事に抜擢されるという設定で、樋口がホステスに扮したりもした。
    翌年には『新・女捜査官』(テレビ朝日系)で25歳の名取裕子が抜擢される。
    大ヒットまでには至らなかったが、歴史を振り返る上で欠かせないシリーズだ。

    従来の女性刑事のイメージを覆したのは、1986年開始『あぶない刑事』(日本テレビ系)の浅野温子だ。
    社会学者の太田省一氏が話す。

    「署内で、馴れ馴れしく柴田恭平や舘ひろしに接していた。
    つまり、女性が“紅一点”から“同僚”に格上げされたんです。
    折しも、この年に男女雇用機会均等法が施行。そんな社会情勢も反映されているのでは」

    浅野はそれまでの女性刑事と一線を画した。
    橋の上で機動隊が数十人向かってくる中、1人で止めに入るシーンを演じた時には、踏み倒されて顔に大きな靴跡がついていた。
    企画に携わった岡田氏が振り返る。

    「浅野君は、コミカルな演技も平気でやるんですよ。脚本に描かれているシーンをどう演じるかは俳優さんにかなり任せていました。
    署内の場面はふざけないでくれと何回か言ったのですが、全然効き目がなくて大騒ぎしていましたね(笑い)」

    バブル景気に沸く1988年1月、フジテレビで異色の刑事ドラマ『君の瞳をタイホする!』が始まる。
    キャッチコピーは“アフター5は恋が事件(ヤマ)”。捜査シーンはほとんどなく、浅野ゆう子や三田寛子など“刑事の恋愛模様”がテーマだった。

    「それまでのドラマは人物や職業を描いていましたが、80年代後半から90年代にかけて恋愛が中心になる。そのキッカケとなった作品です」(樋口氏)

    従来の形式では視聴率が取りづらくなっていく中で、女性刑事の役割も徐々に変化していく。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15471378/
    2018年10月20日 7時0分 NEWSポストセブン


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    (出典 Youtube)

    あぶない刑事サウンド・トラックより「Cops And Robbers」


    (出典 Youtube)

    冷たい太陽(舘ひろし) あぶない刑事 エンディング


    (出典 Youtube)

    あぶない刑事 オープニング


    【『浅野温子が刑事ドラマで画期的だった理由】の続きを読む

    このページのトップヘ