エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    カテゴリ:女優 > のん


    のんの「なつぞら」出演はNHKがNGか 文春と前事務所の裁判により? - livedoor
    歴代ヒロインが出演する朝ドラ『なつぞら』。制作側は“独立騒動”でトラブルになった彼女にも水面下で出演の打診をしていました。当時、彼女の言い分や関係者コメントを掲載 ...
    (出典:livedoor)


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん れな)で活動、2016年7月より独立しのん芸名で活動する。
    90キロバイト (11,696 語) - 2019年5月4日 (土) 06:16



    (出典 newspo24.com)


    事務所トラブルの芸能人て、消えて行く運命wwwwww

    1 Egg ★ :2019/05/08(水) 23:51:28.22 ID:05udtIij9.net

    令和の時代を迎えるにあたり、多くのメディアで平成を振り返る企画が相次いだ。そんな中、過去の映像が出るたびに地上波復帰の期待が高まるのが女優、のん(25)。しかし、その道はかなり厳しいと言わざるを得ない。

     NHKが4月29日に放送した「総決算!平成紅白歌合戦」で、のんと橋本愛(23)が歌う朝ドラ「あまちゃん」の挿入歌「潮騒のメモリー」が流された。当然、SNSでも歓喜の書き込みが相次いだ。

     「現在放送中の大河ドラマ『いだてん』は脚本が宮藤官九郎が担当するなど『あまちゃん』スタッフが多くかかわっているので、のんの起用も期待されましたが、出番はなさそうです」とテレビ誌編集者はささやく。

     のんは所属事務所からの独立トラブルが響き、「テレビ局側が敬遠しています。地上波の番組に登場することはなく、主戦場は舞台や音楽、アーティスト活動などです」とある芸能事務所マネジャーは指摘する。

     そんな中、現在放送中の朝ドラ「なつぞら」に期待が集まった。朝ドラ100作目とあって、松嶋菜々子(45)や小林綾子(46)、比嘉愛未(32)、岩崎ひろみ(42)といった歴代ヒロインが次々と登場しているのだ。

     「もちろん『あまちゃん』も近年の朝ドラ人気に貢献した作品なので、のんの起用も取り沙汰されたそうです。彼女が出るとなると、かなりの話題になりますし。しかし現状ではそれもかなり厳しいようです」と先のテレビ誌編集者。

     先月、東京地裁であった民事訴訟の判決が影響しているという。2015年に「週刊文春」が掲載した記事に対し、名誉毀損を認め、賠償を命じたのだ。記事では、「あまちゃん」の撮影時、所属事務所が、下着も買えないほどの経済状況でのんを働かせていたなどと報じた。

     「判決では、こうした内容について『真実と認められない』との判断を示しました。文春側は控訴しましたが、のんのダメージは大きい。やっと緩やかになっていた、のんへの風当たりが再びきつくなったのです。昨年末には事務所側と和解の動きもありましたが、情報が漏れて決裂しました。このままでは、やはりのんは使いづらいですよね」と先の芸能事務所マネジャー。

     20年公開予定の映画「星屑の町」でヒロインを務めることになった。活動先は中国にまで及んでいるが、テレビの画面に戻ってくる日はまだまだ遠いようだ

    2019年5月8日 17時13分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16428017/


    【【※呆然※】<のん>地上波復帰できないワケ… 事務所の「民事訴訟判決」が影響】の続きを読む


    CAMPFIRE、のん出演のテレビCM「夢見る人を、はじめる人に。」 2019年4月19日(金)より放映開始 - PR TIMES
    ※1:「購入型国内クラウドファンディング年間支援プロジェクト成立件数 No.1*」 * 2017年度主要32企業ブランドにおける購入型国内クラウドファンディング年間成立件数 ...
    (出典:PR TIMES)


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん れな)で活動、2016年7月より独立しのん芸名で活動する。
    86キロバイト (11,123 語) - 2019年3月21日 (木) 01:58



    (出典 dokushojin.com)


    のんさん出演テレビCM

    (出典 Youtube)


    一時は有村架純よりも注目されてたのにねwwwww

    1 ひかり ★ :2019/04/18(木) 11:02:04.92 ID:J5RjCsUj9.net

     何しろ、「じぇじぇじぇ!」なる北三陸方言を全国区にした立役者である。そんな「のん」こと能年玲奈(25)に、「家族と話す時は関西弁」(本人のインスタより)と言われても違和感を覚えるばかり。
    独立騒動でめっきり露出の減った彼女だが、実はいま、東北ではなく「関西」でご当地アイドルになっていた。

     そもそも、のんが出身地を「兵庫県神河町」と公表したのは2017年のこと。

     13年に放映されたNHKの朝ドラ「あまちゃん」でブレイクし、「東北の素朴な美少女」のイメージが定着したワケで、あえて関西出身を公言してこなかったのも頷ける話ではある。

     とはいえ、人口約1万1千人の生まれ故郷のため、町のPR動画にも出演を果たしたのんは、ここに来て、さらに「兵庫愛」を前面に押し出しているのだ。

     それは、今月から彼女をイメージキャラクターに起用した神戸新聞のHPを開けば一目瞭然。購読・試読申し込みのページなどはまさに、のん一色である。

     購読申し込み者向けの特典には、彼女の写真入りパスケースに鏡、マグネットクリップがズラッと並ぶ。それどころか、神戸新聞社の電話の保留音にものん本人のナレーションが使われる徹底ぶり。
    同社によれば、

    「弊紙としては地元出身者を選びたいという思いがありました。確かに、『あまちゃん』で東北のイメージが強いことは理解していますが、のんさんが郷土愛を売りにしてくれるといいな、との
    判断でもあります」

     一方、のんの所属事務所も、「故郷に恩返しをしたいなと思い、お仕事を引き受けました」と回答している。

     確かに、相思相愛なのは間違いなさそうである。

    どっちが地元? 

     が、出身地を明かした17年に写真集の撮影で〈神河町に10年ぶりに帰省〉(同町HPより)したそうだから、やはりその「愛」に唐突な印象は否めないのだ。

     朝ドラ主演女優の現状について、民放の制作スタッフは手厳しい。

    「独立騒動から4年が経っても、元所属事務所とは和解に至っていません。そのせいで、在京キー局としては“使いづらい女優”という扱いです。一時は、低視聴率に喘ぐ大河ドラマ『いだてん』への起用も
    取り沙汰されましたが、正直、テコ入れになるとは思えない。彼女と同い年の“華の93年組”でも、有村架純や吉岡里帆からは水をあけられている。何より、出身地のローカルCMしか話題にならないのは
    女優としての仕事がないことの証左です」

     さらに気になるのは、のん本人がもうひとつの「地元」と語る東北の存在だ。

     実は、現在も彼女が出演する岩手銀行のテレビCMには、〈この街で、一緒に生きていく〉というテロップが流れる。一方の神戸新聞のCMコピーは、〈この街が好き。この街で生きる〉。

     余計なお世話かもしれないが、どの事務所で芸能活動を続けるかはともかく、「どの街で生きる」のかくらいはハッキリさせてほしい。

    「週刊新潮」2019年4月18日号 掲載

    新潮社

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190418-00560197-shincho-ent
    「あまちゃん」でもご当地アイドルだった

    (出典 www.dailyshincho.jp)


    【【※驚愕※】「のん」こと能年玲奈、“東北”ではなく“兵庫愛”前面押しのご当地アイドルに】の続きを読む


    のんが『この世界の片隅に』のすずさんに! 世界観を完全再現したグラビアが『映画秘宝 5月号』に掲載されてるよーっ!! - Pouch[ポーチ]
    あともう少しで、平成という時代が幕を下ろします。 2019年3月20日に洋泉社より発売された映画雑誌『映画秘宝 5月号』では、平成30年間のあいだに生まれた傑作映画の ...
    (出典:Pouch[ポーチ])


    のん(1993年7月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。 現在の兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、2016年7月より独立しのんの芸名で活動する。
    86キロバイト (10,801 語) - 2019年3月21日 (木) 01:58



    (出典 wezz-y.com)


    久々に見たなwwwwww

    1 湛然 ★ :2019/03/21(木) 07:25:19.78 ID:JntUGwpT9.net

    2019.03.21.
    のん 神戸新聞イメージキャラ就任

     女優・のん(25)=が神戸新聞社の新印刷所「播磨製作センター」完成記念キャンペーンのイメージキャラクターに就任することが20日、明らかになった。

     創作あーちすととしても活動するのんは、播磨地方生まれ。4月1日から1年間イメージキャラクターとして、神戸新聞のテレビCMをはじめ、神戸・三宮のミント神戸や兵庫県内各地の街頭広告、映画館などに登場予定だ。

     播磨製作センターは、神戸新聞社3カ所目の印刷工場で、4月稼働予定。


    神戸新聞社イメージキャラクターに就任するのん

    (出典 i.daily.jp)


    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/03/21/0012166450.shtml


    【【※朗報※】のん 神戸新聞イメージキャラ就任】の続きを読む


    のん、堀込泰行のライブで自身が登場するMV「WHAT A BEAUTIFUL NIGHT」を堪能し感動 - ニフティニュース
    のんは、堀込泰行が昨年リリースした『WHAT A BEAUTIFUL NIGHT』のMVに主演した 『堀込泰行 LIVE TOUR 2019』でのんは、自身が登場するMVの音楽を堪能した のん ...
    (出典:ニフティニュース)


    のん(1993年7月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。 現在の兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、2016年7月より独立しのんの芸名で活動する。
    86キロバイト (10,690 語) - 2019年2月24日 (日) 03:25



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    事務所と揉めた芸能人って、結局消えてくよねwwwwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/06(水) 20:35:02.96 ID:80J56Vjr9.net

    良くも悪くも話題のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』に、のん(本名:能年玲奈)の出演の可能性はもうなくなった――。
    こんな情報が、芸能関係者の間を駆け巡っている。

    のんといえば、出世作となったNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年、NHK総合)の大ヒットで国民的人気を博しながら、
    デビュー以来の所属事務所であったレプロエンタテインメントからの独立騒動を経て、活動名を本名の能年玲奈から「のん」に改名したことは周知の通り。
    以降、16年のアニメ映画『この世界の片隅に』における声優としての高評価はありつつも、多数の人気タレントを抱える大手芸能プロとのトラブルを抱える“爆弾女優”となってしまい、
    地上波テレビやメジャー級映画への出演は一切ないまま、25歳を迎えている。

    「昨年10月には、古巣のレプロとの“極秘会談”を週刊誌『フライデー』(講談社)に写真付きですっぱ抜かれた。
    この情報がフライデーに漏れた原因がのん側にあるのではないかということでレプロ側が激怒、
    結局、のんのレプロへの復帰も、それに伴う芸能界のメインフィールドへの復帰もかなわないまま、舞台や音楽活動を中心とした活動を続けている。
    あれだけの才能のある女優が……“惜しい”の一言に尽きます」(芸能プロ関係者)

    ●『いだてん』“絶不調”で、高まるのんへの期待

    そんなのんの“復帰”が、昨年末以来まことしやかに囁かれてきたのは、今年1月より放送が開始された『いだてん』のせい。
    同作の脚本は宮藤官九郎、音楽は大友良英、プロデューサーに訓覇圭、そして出演陣には小泉今日子、橋本愛、杉本哲太、
    古舘寛治、荒川良々、勝地涼、ピエール瀧らが名を連ねており、これはまさにのんが世に出るきっかけとなった『あまちゃん』と重なる布陣。
    放送終了後には“あまロス”という名のムーブメントがSNSを中心に巻き起こるなどした同作の「あの感動よ、再び!」というドラマファンの期待も相まって、
    「『いだてん』で、のんが再び国民的女優として地上波ドラマに戻ってくる!」との観測は、ネット界隈のみならず、芸能ニュースでも盛んに流れた。

    「単なる噂話ではなく、NHKサイドもかなり以前から、のんを『いだてん』に出演させるべく、いろいろと動いていました。

    大手芸能プロであるレプロに対する“不義理”を抱えたままではNHKとしては彼女を使えないため、レプロときちんと和解をするよう、のんサイドにも再三話をしていたといいます」(芸能誌記者)

    そしてさらに、彼女の『いだてん』出演への“期待”をより高めたのは、はからずも『いだてん』の“絶不調”である。

    「初回放送時より視聴率はかんばしくなく、その後も『登場人物として、誰でもわかる歴史的有名人が出てこない』『ストーリーが複雑すぎる』など、ネットやメディアでさんざんの言われよう。
    2月10日放送の第6話では、“NHK大河ドラマ史上最速”という不名誉な速さで視聴率が一桁台を記録してしまいました
    (ビデオリサーチ調べで関東地区は9.9%、関西地区は8.0%)」(同・芸能誌記者)

    これに対し、NHK上層部までもが仕方なく反応。上田良一・NHK会長が2月7日の定例会見で『従来の大河の視聴者にはまだ受け入れられていないことはあると思う』と語れば、
    木田幸紀・NHK放送総局長も2月13日の定例会見で『わかりにくいといったところを、PRとか解説番組とか、いろんな形で補強』とコメント。
    NHK上層部がいよいよ“テコ入れ”を明言したということで、「最大級のテコ入れとして、どんな手段を使ってでも『いだてん』にのんを出演させるのでは?」といった観測も流れてきたのである。

    http://dailynewsonline.jp/article/1720210/
    2019.03.06 19:00 ビジネスジャーナル


    【【※悲報※】『いだてん』のん(能年)出演話が消滅との観測…元所属事務所“激怒”事件で復帰失敗か】の続きを読む


    のん、低迷「いだてん」投入に立ちはだかる“想像以上に高いハードル”とは? - アサ芸プラス
    NHK大河ドラマ「いだてん‐東京オリムピック噺‐」が低視聴率にあえいでいる。 2月10日放送の第6話で視聴率9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、大河ドラマ史上最速 ...
    (出典:アサ芸プラス)


    のん(1993年7月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。 現在の兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、2016年7月より独立しのんの芸名で活動する。
    86キロバイト (10,690 語) - 2019年2月24日 (日) 03:25



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    可愛いけど、昔のキラキラ感はないwwwww

    1 湛然 ★ :2019/03/03(日) 18:21:59.74 ID:OYIImaDs9.net

    2019年03月03日 15時17分 公開
    「褒めて!褒めて!」 のん、ハイセンスな着物の“ひな祭りコーデ”がかわいさの極み

     女優ののんさんが3月3日、ひな祭りを着物姿で楽しんだ様子をInstagramで公開。完璧なコーディネートとかわいらしさに称賛の声が寄せられています。

     「三月三日は、ひな祭り。気分を味わう為に、着物を着てお参りへ行きました」とコメントし、キュートな着物姿で神社を訪れた写真をアップしたのんさん。
    白地に赤い楕円模様があしらわれたカジュアルな着物に、赤いチェックの帯、爽やかなミントグリーンの帯揚げを合わせるという見事なコーディネートを披露しました。

     「着付け&撮影はいつものチームのんスタッフに。めちゃ可愛い!」「今回もお気に入りなのです。褒めて!褒めて!あは」と、強力なスタッフが総力を結集した自信作のようで、
    「髪型はバルドー風ハーフアップが良いのではないかリボンは和風にしようと、意見を合わせながら」と、髪形や小物の細部までこだわり抜いたとのこと。そのまま雑誌の表紙を飾れそう。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    @non_staffnews


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/03/news024.html


    【【※画像あり※】のん、ハイセンスな着物の“ひな祭りコーデ”がかわいさの極み「褒めて!褒めて!」】の続きを読む

    このページのトップヘ