エンタメニュースフラッシュ

エンタメニュースフラッシュは主に2ちゃんねる、
Twitter、爆サイ、ニコニコニュースなどで話題の
面白いネタを毎日まとめて紹介しています。

    カテゴリ: 作家


    堺屋太一さん、大阪万博が「最大の功績」 安藤忠雄さん - 朝日新聞
    作家で経済評論家の堺屋太一さんが83歳で亡くなった。数々の万博に関与し、時代を切り取る評論に定評があった。マルチな才能を知る人たちが、その死を悼んだ。 建築家 ...
    (出典:朝日新聞)


    堺屋 太一(さかいや たいち、1935年7月13日 - 2019年2月8日)は、日本の小説家・作家、評論家、元通産官僚、経済企画庁長官(第55〜57代)、元内閣特別顧問。株式会社堺屋太一事務所および株式会社堺屋太一研究所の代表取締役社長。内閣官房参与。様々な博覧会のプロデューサーとしても活動していた。
    34キロバイト (4,239 語) - 2019年2月10日 (日) 06:46



    (出典 president.ismcdn.jp)


    ご冥福をお祈りいたします。

    【【※訃報※】堺屋太一さん死去 83歳 小説「団塊の世代」 元経済企画庁長官】の続きを読む


    乙武洋匡、義足で聖火ランナー目指す 多くの人が「衝撃を受けた」姿とは - アエラドット 朝日新聞出版
    作家の乙武洋匡さんが、義足をはいて歩くことに挑戦する「OTOTAKE PROJECT」が始動した。義足の開発を主導するのはソニーコンピュータサイエンス研究所の遠藤謙 ...
    (出典:アエラドット 朝日新聞出版)


    乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 - )は、日本の文筆家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライターである。東京都出身。身長107cm、体重38kg。 東京都新宿区出身。先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり、
    16キロバイト (2,021 語) - 2019年1月1日 (火) 10:15



    (出典 i.daily.jp)


    この人不倫でイメージダウン半端なかったけど、まだ応援する人はいるってことね

    1 シャチ ★ :2019/01/18(金) 11:17:25.44 ID:mbTajuxH9.net

     作家の乙武洋匡さん(42)が義足で歩けるようになるための応援クラウドファンディングが、開始わずか1週間で目標額の1000万円を達成した。支援の輪は広がり続け、18日には大台をクリアして1060万円超に。サポーターも1300人以上となり、3月12日設定の締め切りまで50日以上を残し、反響はさらに続いていきそうだ。

     この応援クラウドファンディングは、お笑いタレントの西野亮廣(38)の番組がきっかけで今月11日からスタート。「乙武さんを歩かせたい」との思いをクラウドファンディングの形にして賛同者を募ったところ、西野の知人で起業家のメガネ販売店・OWNDAYS(オンデーズ)の田中修治社長も100万円を支援するなど、プロジェクトの輪は拡散。6日目の17日には900万円を突破し、大台を目前に支援の勢いが一気に加速した。

     乙武さんは自身の公式SNSをこの日早朝に「信じられません」と更新。「先週の土曜日に始まった義足プロジェクトのクラウドファンディング。開始からわずか6日間足らずで、当初目標としていた1000万円を突破してしまいました。これも、ひとえに想いを寄せてくださったみなさんのおかげです。プロジェクトメンバーを代表して、心より御礼申し上げます」とつづった。その上で「多くの金額が集まるに越したことはないのですが、もともと今回のクラウドファンディングは『〈1〉このプロジェクトを多くの方に知っていただくこと〈2〉一人でも多くの方に“仲間”となっていただき、一緒にワクワクしていただくこと』を目的としています」と続けた。

     生まれつき両腕と両脚がない「先天性四肢切断」という障害があり、移動の際には電動車椅子を使用している乙武さんは「義足プロジェクト」を立ち上げ、昨年11月には約1年かけた練習で約7メートルもの義足歩行に成功。その動画を西野が見たことで、今回のクラウドファンディングを番組内で思いつき、提案した。

     義足歩行の練習はかなりハードで「本当にしんどい」という乙武さんには、義手義足をつけて2020年東京五輪パラリンピックの聖火ランナーを務める姿のイラストが寄せられるなど、励みになっているようだ。「ちょっと、もう、泣けてくるよ。みなさん、本当にありがとうございます」とコメントを寄せている。


    1/18(金) 10:58配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000075-sph-soci

    画像 義足歩行の練習をする乙武さん

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【※驚愕※】乙武さん「義足プロジェクト」クラウドファンディング、1週間で目標額の1000万円超え】の続きを読む


    乙武氏、ドタキャン沢田に理解も「今の私は応援してもらえるありがたみ身に染みる」
    乙武氏、ドタキャン沢田に理解も「今の私は応援してもらえるありがたみ身に染みる」  デイリースポーツ
    (出典:デイリースポーツ)


    乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 - )は、日本の文筆家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライターである。東京都出身。身長107cm、体重38kg。 東京都新宿区出身。先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり、
    16キロバイト (2,036 語) - 2018年11月1日 (木) 07:58



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    今度はぜひ!義手もつけてみて欲しい

    1 シャチ ★ :2018/11/13(火) 22:27:46.19 ID:CAP_USER9.net

     作家の乙武洋匡氏(42)が13日、自身のインスタグラムで義足姿を初公開した。

     乙武氏は「乙武、再始動」とコメントし、画像を掲載。同時に「義足プロジェクト」「人生初」「仁王立ち」「歩いてみせる」などのハッシュタグを付けている。


     「これはわくわくします」「凄い カッコイイ」などのコメントが寄せられている。


    11/13(火) 22:17配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000234-sph-ent
    画像 instagramより@ototake_official

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【乙武さん、義足を装着する!?】の続きを読む


    不倫問題で集中砲火を浴びた私が「今」ホスト小説を書いた理由
    不倫問題で集中砲火を浴びた私が「今」ホスト小説を書いた理由  現代ビジネス
    (出典:現代ビジネス)


    乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 - )は、日本の文筆家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライターである。東京都出身。身長107cm、体重38kg。 東京都新宿区出身。先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり、
    13キロバイト (1,729 語) - 2018年10月31日 (水) 03:13



    (出典 wadaii.com)


    オーストラリアも普通の人じゃあ移住できないくらいハードル上がってるよね❓それでも日本がいいんだね

    1 ばーど ★ :2018/10/31(水) 16:08:48.43 ID:CAP_USER9.net


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


     作家の乙武洋匡氏が31日、フジテレビ系「ノンストップ!」の取材に応じ、昨年1年間、海外37カ国を放浪し、移住先を探していたことを明かした。

     番組では、10月に久々の小説「車輪の上」を上梓した乙武氏にインタビュー。16年3月に不倫報道が週刊誌に掲載され、自身を取りまく状況が一変。当時は一歩も外に出ない日々が続き、「終わったとか社会的な死を迎えたなとか、そういう言われ方をして、自分でもその通りだなと思うんですけど」と、激しいバッシングにまみれた当時を振り返った。

     それでも「私の命が絶えるわけではないので、社会的な死を迎えてもそれでも私の人生は続いていくんですね」と、生きていかなければならないことを自覚。昨年、自宅を引き払い、海外放浪の旅に出掛けていたことを明かした。

     訪問した国は37カ国にものぼった。「正直37カ国回ってる中で、移住先を探してたみたいな側面も正直あった」という。何を言っても「説得力がない」などと批判されてしまう現状に疲れ、「だったら自分のやりたいことができない環境で暮らし続けるよりも、自分が理想とする社会や国がそこにあるなら、そっちに住んでしまった方が早いんじゃないのかという、そういう思いも正直あって」と振り返った。

     そんな中、乙武氏が「理想」とした場所が見つかる。それがオーストラリアのメルボルンだった。バリアフリーも整い、人種差別もない。移住先は決まったと思ったというが「3週間目くらいに物足りなさを覚えてしまって。あと40年何するのかなと思ったら、凄くその後の人生が味気ないものに思えてきてしまって」と、疑問を感じたという。

     そして今年4月に帰国。「茨の道とは分かっていても、日本に帰って他人様から厳しい言葉をいただきながらも、それでも自分がやりたいと思っていたこと実現したいと思って。社会に向けて出来る限りの力を尽くしていくことをやっぱりやりたいなと」と、日本での生活を選んだ。

     帰国後、小説「車輪の上」を上梓。作家として再び活動を再開した。一時噂された政界入りについては「今では当然政治の道は考えられない」としたが、「もう一度、生きづらさを抱える人のためにも住みやすい社会を実現させるために、もう一度自分は果たしてやれるのか」と自問自答。「今は一日一日を丁寧に過ごしていく。ただそれだけかなと思います」と語っていた。

    10/31(水) 14:45
    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000038-dal-ent


    【【悲報】乙武洋匡さん、不倫バッシングの末に辿り着いたのは…】の続きを読む

    このページのトップヘ